2005年11月27日

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』



 きょうのキャッチコピー 

 
ハリポタの魔力は国境を軽く超えちゃったな。


 ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の素晴らしい文化である本や映画を紹介する目的でこのブログを始めたのさ。
 オレがパソコンに向かっていると、魔法猫の風助が部屋に入ってきた。
 「おいサンチャゴ、元気かい。先日のハリポタ面白かったな」
 今回は、それ。お待たせしました。魔法を使えたらいい女をゲットしたいと思っているおにいさんも、恋の魔法を体感したいわと燃えているおねえさんも、魔法で大金をつかむのよと目をぎらつかせているおばさんも、魔法なら僕使えるよとえばっている宇宙人のみなさんも、ネットを見てねっと。
 さて先日の映画『ハリー・ポッターと賢者の石』よかったですね。
 この作品は以前このコーナーで小説の感想を書きましたが、映画はまた一味違いますね。
 主演のダニエル・ラドクリフ君ははまり役でしたね。
 よくこんな男の子を発掘したものです。
 またこの映画は原作に実に忠実に作られていますね。
 ハグリッド役の大男もぴったりでしたな。
 でもハリーが人間界で魔法を使えないなんて残念。
 彼をいじめたおじさん一家をびびらせられるのにね。
 しかしローリングは、本当に面白い作品を書きましたね。
 生活保護を受けながらこんなに凄い本を書くなんてまさに奇跡ですな。
 おまけにこれがデビュー作でしょう。
 ホントにアンビリバボーでがんすって感じ。
 それじゃあ、また会おうでガンス。

posted by hagibosi at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

ラブアクチュアリー

 

きょうのキャッチコピー 

 愛の形も十人十色。
 
ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の素晴らしい文化である本や映画を紹介する目的でこのブログを始めたのさ。
 オレがパソコンに向かっていると、魔法猫の風助が部屋に入ってきた。
 「おいサンチャゴ、元気かい。今回は何を書くのね」
 お待たせしました。ラブを欲しがっているお兄さんも、ラブから逃げられてばかりいるおねえさんも、ラブよりも金よとわめいているおばさんも、ラブが地球をすくうかねって首を捻っている宇宙人のみなさんも、ネットを見てね。
 今回は『ラブアクチュアリー』を紹介するのさ。
 これはちょっと誰が主役かわからないというより、様々なドラマが同時進行しているって感じかね。
 昔大ヒットを飛ばした50代のポップ歌手や、作家とポルトガル女性との恋愛、英国首相のラブロマンス、ポルノ俳優もどきの男女の恋の話や、英国女性に相手にされずアメリカへ行ってアメリカ娘4人に逆ナンパされて舞いあがった男の話などが描かれてますよ。
 家族愛、男女の愛、初恋、いろいろな愛の形がありましたが、まあそれなりに面白いでしたな。
 それじゃあ、また会おうでガンス。
posted by hagibosi at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

マルクスブラザーズ


きょうのキャッチコピー 

 笑いの神様が舞い降りてきた。
 
ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の素晴らしい文化である本や映画を紹介する目的でこのブログを始めたのさ。
 「おいサンチャゴ、おまえ誰が一番面白いコメディアンだと思う」
 オレがパソコンに向かっていると、魔法猫の風助が部屋に入ってきた。
 そりゃあ、あなたマルクスブラザーズでしょうが。
 お待たせしました。最近笑っていないとぶつぶつ言っているおにいさんも、自分の顔を見て笑われたと憤慨しているおねえさんも、毎日人の悪口を言って笑い転げているおばさんも、コメディアンってなんねと首を捻っている宇宙人のみなさんもネットを見てね。
 今回はマルクスブラザーズについて語ってみようと思うのさ。
我輩はカモである』や『マルクスの腰抜け二挺拳銃』などの喜劇映画に出演しているマルクスブラザーズ。 
 のっぽでふざけてばかりいるグルーチョ、ピアノの名手チコ、一言も喋らずにハープを見事に弾いてみせるハーポの三バカトリオが繰り広げるドタバタコメディには随分笑わせられてしまった。
 史上最強のお笑いチームと言えば、マルクスブラザーズだろう。
 観たことない人には是非おすすめしますよ。
 それじゃあ、また会おうでガンス。

posted by hagibosi at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

東大快進撃

 

きょうのキャッチコピー
 
 
 こんな変な奴見たことない。


ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の素晴らしい文化である本や映画を紹介する目的でこのブログを始めたのさ。
 オレがパソコンに向かっていると、魔法猫の風助が部屋に入ってきた。
 「おいサンチャゴ、おまえ東大通って知ってるか」
 何をいうんですか、あなた知らないはずないでしょうが。
 東大通って言えば、『東大一直線』や『東大快進撃』の主役じゃんかよ。
 験勉してる親指大ねというギャグはあまりにも有名ですな。
 親友の多分田吾作やマンガ、現役とかいましたな。
 どうしようもないアホなのに東大に通ってしまのさ。 
 ギャグ漫画としては珍しく最後は東大は死ぬんでしたな。
 あれはちょっとショックでした。
 あのキャラクターは結構強力でしたよね。
 なんか懐かしいですな。
 それじゃあ、また会おうでガンス。

posted by hagibosi at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

ブルースリーのアチョー



きょうのキャッチコピー 

  ブルースリーのアチョー


 ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の素晴らしい文化である本や映画を紹介する目的でこのブログを始めたのさ。
 今回はカンフー映画について語ろうと思うのさ。
 なんと言っても衝撃だったのは、ブルースリーの出現だった。
 友達と『ドラゴンへの道』という映画を観に行ったのだが、ぶっとんでしまった。
 いきなりアチョーという奇声を発して、ブルースリーが蹴りやパンチをすげえスピードで連発して、あっと言う間に悪漢を倒したからだ。
 顔も凄かったな。この世のものとも思えない迫力だったな。 
 なんなのあれは、というのが正直な感想だった。
 それまでは空手とかに対しては地味なイメージしかなかったので、カンフーをここまで芸術的にエイキサイティングに表現したことに興奮したものだ。
 カンフー映画をアジアの誇る文化として世界にアピールしたブルースリーの役割は大きいと思うのさ。
 ブルースリーの登場以来、日本中の青少年はアチョーと言ってカンフーごっこに熱中したものです。
 アジアが誇る英雄ブルースリーの死は早すぎて残念だったね。本当に惜しいと思うよ。
 それじゃあ、また会おうでガンス。
posted by hagibosi at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

10日間で男を上手にフル方法



きょうのキャッチコピー 

ラブコメで恋を学ぼう。
 

ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の素晴らしい文化である本や映画を紹介する目的でこのブログを始めたのさ。
 オレがパソコンに向かっていると、魔法猫の風助が部屋に入ってきた。
 「おいサンチャゴ、おまえ彼女欲しくないか」
 いきなり何を言い出すのよ。風助の旦那はさ。そりゃあほしいがほしいと思っても相手がいなきゃあねえ。
 まあいいや、恋人がほしいほしいとうなって女の人に嫌われているおじさんも、誰も私なんて相手にしてくれないのとスネオになっているおねえさんも、若い男がいいわと目をぎらつかせているおばさんも、なんで若い男がいいのと首を捻っている宇宙人のみなさんも、ネットを見てね。
 今回は『10日間で男を上手にフル方法』という映画を紹介するのさ。
 アンディーは雑誌社のライターで『10日間で男を上手にフル方法』という企画を担当することになり、カモを探しに仲間と飲み屋に行くと、そこでベンという男に声をかけられるのさ。ベンは広告代理店の社員で、業績アップのためにボスと賭けをするわけよ。
 10日間で女を口説くとね。アンディーはベンを記事のネタにし、ベンは彼女を賭けの対象にしていたのだが、二人の間に恋が芽生えてしまのさ。
 10日後のパーティー会場で、お互いの計画がばれてしまい、二人は喧嘩別れをするのだが、アンディーは記事の中で彼を愛していたことを書くのよね。
 それを知ったベンが彼女の会社に行くのだが、彼女はもう辞めていたのさ。
 ワシントンへ向かう彼女を追うベンが彼女をつかまえて、二人は結ばれるのさ。
 それじゃあ、また会おうでガンス。
posted by hagibosi at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

英語超独学法



きょうのキャッチコピー 

ここまでやれるか英語の勉強。

 
 ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の魅力的な本や映画を紹介する目的でこのブログをオープンしたのさ。
 オレがパソコンに向かっていると、魔法猫の風助がぶつくさ言いながら入ってきた。
 「ハイ、ミスターサンチャゴ。ハロー、ハーアーユー、アイムジーニアス」
 また英語かよ。自分のことを天才なんて言うなよ。
 あんたは天災だろうが、よし今度は変わった本を紹介しよう。
 お待たせしました。外人から話しかけられてすぐにびびってしまうおじさんも、外資系のヤングエグゼグを狙っているおねえさんも、金髪と是非一度とよからぬことを考えているおにいさんも、金髪ってなんねと首を捻っている宇宙人のみなさんも、Please watch the net.
 さて今回紹介するのは『英語超独学法』というちょっと過激な本ですよ。
 著者は吉ゆうそうさんという人で、ちょっと変わった人みたい。
 もうとにかく英語マニアでここまでやるのかというくらい英語の大好きな人なのだ。
 本を読んでたまげました。この人は、あの安田成美の先生だったらしいよ。
 英語の勉強法というよりは読み物として読むと面白いかな。
 ここまで英語に打ち込めるというのも才能なんだろうな。
 感心したのはね、留学もせず、英語スクールにも行かずに英語をマスターしたことなのさ。ようするにやる気よね。何事もさ。
 See you next time. でがんす。
posted by hagibosi at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。