2005年12月05日

スクール・オブ・ロック



 きょうのキャッチコピー 

さあ、ベイビー、先生とロックしようぜ。


 ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の素晴らしい文化である本や映画を紹介する目的でこのブログを始めたのさ。
 オレがパソコンに向かっていると、魔法猫の風助が部屋に入ってきた。
 「おいサンチャゴ、教師が主役の面白い映画ないか」
 あるありますがね、お待たせしました。最近弾けてないなと思っているおにいさんも、のりって最高よというおねえさんも、なんだか最近元気がないよとぐったりしているおじさんも、わたしなんて年中家の中でロックしてるわよと叫んでいるおばさんも、ロックってなんねと首を捻っている宇宙人のみなさんも、ネットを見てね。
 さて今回は『スクール・オブ・ロック』を紹介するのさ。
 主役は暑苦しさでは世界一のジャック・ブラックなのさ。
 ジャック・ブラック演ずるデューイは売れないロックミュージシャンだったが、ふとしたことから、同居している友人のネッドになりすまして3週間だけホレス・グリーン学院という小学校の補充教員をやることになる。
 どうしてもロックバンドをやりたいデューイは生徒達を騙してロックバンドを結成し、授業そっちのけでロックの練習に励む。
 バンドバトル大会前に周囲の関係者に正体がばれてデューイは学校を逃げ出すが、教え子達が大会当日に彼の家に押しかけて、大会に出ることになる。
 ジャック・ブラックという役者は、強烈な個性を持っているのでお気に入りだ。
 なんだかジョン・ベルーシに雰囲気が似ているのよね。
 ギンギンにロックしまくっているおもしろ映画でしたよ。
 それじゃあ、また会おうでガンス。

posted by hagibosi at 20:46| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
私のブログにコメント書いてもろて
どうもありがとう。

やばい。サンチャゴさんの話し口調に
はまってしまいそう(笑)
また遊びにこさせてくださいな。
Posted by laundry at 2006年01月16日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スクール・オブ・ロック。
Excerpt: Let's ROCK!! 最近、毎日が忙しすぎるから(←じゃぁ映画見なければいいのに。笑)なんだかぼーっと何も考えずに元気になれるような映画が観たくて、「そう言えば、麻生久美子がオススメしてたわ。」..
Weblog: 耳の中には星の砂の忘れ物
Tracked: 2006-01-02 04:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。