2005年12月14日

甲賀忍法帖





 きょうのキャッチコピー 

これが、風太郎忍法帖の傑作だ。
 
ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の魅力的な本や映画を紹介する目的でこのブログを始めたのさ。
 オレがパソコンに向かっていると、魔法猫の風助が手裏剣を投げながら部屋に入ってきた。
 「おいサンチャゴ、俺はきょうから忍びになるぞ」
 それだったら、この本を知ってるか。
 お待たせしました。小さい頃忍者ごっこをしていたおにいさんも、私はお色気忍法で男を手玉にとるのよとえばっているおねえさんも、くのいちになりたくてもなれそうにないおばさんも、忍者ってなんねと首を捻っている宇宙人のみなさんも、ネットを見てね。
 今回は『甲賀忍法帖』を紹介するのさ。
 作者は忍法帖ブームをつくった山田風太郎先生です。
 とにかく子供の時は忍者になりたかったなあ。
 徳川三代将軍を決めるために甲賀と伊賀が死に物狂いの闘いすることになった。
 甲賀弦之介と伊賀の朧は恋人同士だったが、この闘いにより、ロミオとジュリエット的な立場に立たされることになるのだ。
 超人的な能力を持つ忍者達の死闘は、読んでいてもどきどきするよ。
 この作品は映画にもなったよね。
 山田風太郎の世界は本当に奇想天外で何が起こるかわからない面白さがあるな。
 まあ忍者物の傑作ですな、これは。
 それじゃあ、また会おうでガンス。
posted by hagibosi at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。