2005年12月30日

マカロニほうれん荘

 

きょうのキャッチコピー 

笑撃的なおもしろさ。


 ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の素晴らしい文化である本や映画を紹介する目的でこのブログを始めたのさ。
 オレがパソコンに向かっていると、魔法猫の風助が部屋に入ってきた。
 「おいサンチャゴ、漫画でおすすめってなんかあるか」
 ありますがね。お待たせしました。世界のみなさん、そして宇宙人のみなさん、もうすぐ今年も終わるのよ。しみじみ。
 昔は漫画を読んでいるとあまり尊敬されませんでしたが、いまやアニメとマンガは世界に誇る日本の文化であります。
 映画や小説でも駄作や傑作がありますが、漫画だって同じことです。
 ただ日本人は活字信仰があるから小説の方がいいと思われているのでしょう。
 今回は『マカロニほうれん荘』を紹介しますだ。
 作者は鴨川つばめです。この漫画をはじめて見たのが、高校の教室で、友人と笑い転げて読んでいたら、先生に見つかり没収されちまったのさ。
 しかしマカロニほうれん荘の面白さはほんと衝撃的でした。
 カマカマっとわけのわからないことを口走りながら超人的な能力を発揮する膝方歳三といつも自分のことを乙女を呼んでいる謎の怪人キンドーさん、そして沖田の三バカトリオが繰り広げるバカ騒ぎの数々に思わず笑ってしまうのさ。
 画風もなんとなく西洋ぽい感じがしたのよね。
 自分にとってはギャグ漫画の最高傑作だろうな。
 それじゃあ、また会おうでガンス。


posted by hagibosi at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。