2006年01月29日

バビル2世


 
きょうのキャッチコピー 

超能力ヒーローは少年達の憧れだったのさ。


 ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。世界と宇宙に地球の素晴らしい文化である本や映画を紹介する目的でこのブログを始めたのさ。
 オレがパソコンに向かっていると、魔法猫の風助が部屋に入ってきた。
 「おいサンチャゴ、今回は何を書くのね」
 お待たせしました。超能力が使えたらなあと思っているおにいさんも、私の美貌が超能力よとえばっているおねえさんも、超能力で金儲けをしたいとうなっているおばさんも、超能力ってなんねと首を捻っている宇宙人のみなさんもネットを見てね。
 さて今回は『バビル2世』を紹介するのさ。ううなんか懐かしいな。
 地球の平和を守るためにバビル2世となった少年が、ヨミという超能力者と戦う話なんだな。
 このアニメの歌がいいんだよな。バビル2世は超能力者なんだが、3つのしもべがいるのさ。
 なんにでも変身してしまう黒豹のロデム、大空を飛ぶ巨大な怪鳥のロプロス、海の中をつき進む巨大なロボットのポセイドン。
 こいつらはほんとに凄い連中なのさ。
 怪獣物にも飽きてきたので、超能力ヒーローが現れた時には、わくわくしたものです。
 この漫画の作者は横山光輝さんですが、この方は鉄人28号の作者ですよな。
 オレとしては、ヒーロー物の中ではバビル2世はベスト5に入っているかな。
 またバビル2世ってのがさ、砂漠の中に立つバビルの塔に住んでいるっていうのがよかったのよね。
 おまけにさ、そこをコンピューターが守っているっていうからさ、当時としては新しいカッコヨサを感じたのよね。
 バビル2世を知らない人にはこの作品の面白さを伝えたいね。
 それじゃあ、また会おうでガンス。

posted by hagibosi at 16:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「バビル2世」 DVD-BOX
Excerpt: 「バビル2世」 DVD-BOX この番組が始まったのは1973年(昭和48年)1月1日だ。なんと元旦から第1回目の放送が始まったのだ。現在の放送形態や時間の割り振りから考えると当時の方..
Weblog: 湘南のJOHN LENNONの独り言
Tracked: 2006-03-07 19:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。