2005年08月24日

こんな宇宙人に会えたらいいね

 
キャッチコピー
         愛の一番星、見〜つけた!
 
 ハローでガンス。オレ、サンチャゴ。地球の素晴らしい本や映画を宇宙にまで紹介するために、このブログを始めたのさ。お兄さんもお姉さんもおじいさんもおばさんも、そしてエイリアンのみなさんも準備はいいかな。それじゃあ、始めるよ。
 チリの作家エンリケ・バリオスの書いた『アミ小さな宇宙人』は、心を癒す良い作品ですよ。この作品は今の所オレの一番のお気に入りなんだな。
 なんだか作品全体に不思議な透明感があるんだね。
 アミと少年ペドゥリートとの会話で話は進んでいくのさ。アミって言うけど、名前が無いのでアミーゴの略なんだってさ。
 まあいいや、アミは言うのさ。愛が宇宙の基本法だってね。最近いろんな本や映画を見ても、やたらめったら愛のバーゲンをしているようだけど、この本は、ちょっと違うよね。
 はっきり言って、人に紹介するのがちょぴり悔しいような素晴らしい本ですよ。
 それから、はてなダイアリーに『コピーライターの本と映画つれづれ日記』というブログを書いています。よかったら見て下さい。http://d.hatena.ne.jp/hagibosi/
 また、会おうでガンス。 







posted by hagibosi at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。